医師 転職 サプリメント からだと.&司庵日記 自律神経紙芝居・その5
FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
blogram投票ボタン blogramランキング参加中です。
お気が向かれたら上のバナーかこちらの文字部分のクリックお願い致します♪
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
自律神経紙芝居・その5
2010/11/08(Mon)
「自律神経紙芝居」、第5回です。
最初から読む方は、こちらからどうぞ。



「自律神経紙芝居・その5」


前回の続きです。
自律神経は、交感神経と副交感神経の二つによって各臓器を支配(コントロール)しています。
これを、自律神経の二重支配といって、自律神経の特徴のひとつでした。
自律神経には、他にも特徴が有ります。

自律神経紙芝居
ここで、仮に、左に描いてある副交感神経を「のんびりくん」、右に描いてある交感神経を「イケイケくん」と名付けたいと思います。姿と名前はイメージですが、イメージの通り、のんびりくんとイケイケくんは反対の性質を持っています。
この、反対の性格を持つ副交感神経のんびりくんと交感神経イケイケくんの二つが、どうやってひとつの臓器を支配しているのかというと、

自律神経紙芝居
臓器は時にはイケイケくん寄りになり、

自律神経紙芝居
時にはのんびりくん寄りになり・・・と、綱引きをしているように、その時々でどちらかが優勢になります。

自律神経紙芝居
この、逆の性質を持つ副交感神経(ここでの通称のんびりくん)と交感神経(ここでの通称イケイケくん)の二つが状況にあわせてどちらかが優勢になることでバランスを取っていることを、「自律神経の拮抗支配」といいます。


…その6につづく。
スポンサーサイト


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
blogram投票ボタン blogramランキング参加中です。
お気が向かれたら上のバナーかこちらの文字部分のクリックお願い致します♪
この記事のURL | 35点からのカラダまなび | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<秋葉原の工事もいよいよ終わり、 | メイン | デザインフェスタ、ありがとうございました!>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tsukaroma.blog110.fc2.com/tb.php/467-e975075b

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。